天気予報

27

22

みん経トピックス

ハワイでボートパレードホノルル美術館で冬至の祝い

JALホノルルマラソン、開催迫る 今年の参加者は3万人超

  • 0
JALホノルルマラソン、開催迫る 今年の参加者は3万人超

JALホノルルマラソン開催

写真を拡大 地図を拡大

 44回目を迎える「ホノルルマラソン」が12月11日、開催される。今年の参加者は3万129人で、うち日本からの参加は1万177人と見られている。

 コースは、アラモアナ公園をスタートし、いったんダウンタウンに向かった後、ワイキキを通り、ダイヤモンドヘッド、ハワイカイで折り返し、カピオラニ公園をゴールとする、ワイキキビーチを巡る42.195キロ。

 アメリカでは、ニューヨークシティーマラソン、ボストンマラソン、シカゴマラソンと並ぶ「全米4大マラソン大会」の一つ。大会の特徴の一つとして時間制限を設けていないことがある。大会参加条件が満7歳以上の健康な人なら誰でも参加できるため、一般市民はもちろん芸能人やマラソン初参加のランナーも多く、世界一の市民マラソンともいわれている。

 世界各国から参加者が集う同マラソンはホノルルを挙げての一大イベント。大会を主催しているホノルルマラソン協会(Honolulu Marathon Association)は非営利団体(NPO)で、多くのボランテイアの支援を得ながら大会を運営してきた。マラソン中に使われるカップは190万個、スポンジ7万個で、ボランティアも約1万人を数える。

グローバルフォトニュース