天気予報

27

23

みん経トピックス

ホノルルでアーツ・フェスハワイのカフェに新メニュー

テラスハウス出演中のエリックさん、ワイキキにカフェ「パンチボウルコーヒー」

  • 0
テラスハウス出演中のエリックさん、ワイキキにカフェ「パンチボウルコーヒー」

テラスハウス出演中のエリックさん

写真を拡大 地図を拡大

 テレビ番組「テラスハウス ALOHA STATE」(フジテレビ系)に出演中のエリック・デ・メンドンサさんがワイキキにカフェ「パンチボウルコーヒー」(2103 Kanealii Ave., Honolulu)のポップアップストアをオープンして1カ月が過ぎた。

 エリックさんは日本で育ち、18歳のときに単身サンフランシスコへ渡米。サンフランシコの大学で建築を学び、サンフランシスコのカフェに置いてある家具に魅了され家具大工として道を歩むことを決意。家具大工として修業を重ね、2014年、憧れだったハワイへ移住。その後、ハワイで知り合った友人エリオットさんと「パンチボウルコーヒー」を設立。パリ・ハイウエー付近の本店をオープンするまでのポップアップストアとして、ワイキキのセレクトショップ「UNIBAZAR(ユニバザー)」内にカフェを構えた。

 エリックさんは、ポップアップストアの設計から施工までを手掛け、さらに自らハワイのコーヒー農園を回り、豆を選定するなど、手作りとハワイの素材にこだわる。ハワイで採れた豆を使い、パンチボウルコーヒーのオリジナルブレンド豆も取りそろえる。コーヒーは1杯6ドル。

 今後はパンチボウルコーヒーの本店を完成させ、パンチボウルコーヒーのチェーン展開も視野に入れる。エリックさんは家具大工として「自分のカフェで自分が作った家具をお客さんに使ってもらうことが最高の喜び」と話す。

 営業時間は13時~23時。本店は3月のオープンを予定する。

グローバルフォトニュース