天気予報

27

23

みん経トピックス

ハワイウエディングイベントハワイオリエンタルビストロ

チャリティーマラソン「グレート・アロハ・ラン」 今年で33回目

チャリティーマラソン「グレート・アロハ・ラン」 今年で33回目

スタート地点となるアロハタワー

写真を拡大 地図を拡大

 ハワイ最大のチャリティー・ラン・イベント「グレート・アロハ・ラン」が今年も2月20日、プレジデントデーにアロハタワー(1 Aloha Tower Dr, Honolulu)をスタートする。

 グレート・アロハ・ランはハワイのエンターテイナー、キャロル・カイさんとホノルルマラソンの創設者でもあるジャック・スキャフさんにより1985年、レースが始められ、初回より1万2000人以上のランナーが参加し、今回で33回目を迎える。以来ハワイの150以上の非営利団体に1,100万ドル以上の寄付を行い、ハワイ最大のチャリティー・ラン・イベントとして知られており、ハワイ名は「Ke Kukini me ke aloha pau'ole=思いやりのある愛のレース」。

 毎年2月の第3月曜日(プレジデントデー)にレースが行われ、アロハタワーからアロハスタジアムまでの8.15マイル(約13キロ)がコースとなっている。当日閉鎖されたニミッツ・ハイウエーを通るのが特徴。4000人以上のボランティアと沿道に集まった地元の人たちの応援の元、ハワイならではの雰囲気の中で走ることができる。本格的なマラソン大会とは違い、最初から歩くのを目的とした参加者や、団体で仮装して参加する人、ベビーカーを押しての参加者、車いすやハンドサイクルでの参加者の姿もあり、誰でも気軽に参加できるマラソン大会として知られる。

 参加費は、13~64歳=38ドル~50ドル(申し込み日時による)、5~12歳=25ドル、65歳以上=25ドルほか。

グローバルフォトニュース