天気予報

27

22

みん経トピックス

ハワイレスポートサック改装ハワイに婚礼ドレス専門店

カラカウア・アベニューでプリンス・クヒオ・パレード

  • 0
カラカウア・アベニューでプリンス・クヒオ・パレード

クヒオビーチ前のプリンス・クヒオ像

写真を拡大 地図を拡大

 ワイキキのカラカウア・アベニューで3月25日、ハワイに大きく貢献した王子、プリンス・クヒオの生誕を記念するパレード「Prince Kuhio Commemoration Parade」が行われる。

 クヒオ王子(=プリンス・ジョナ・クヒオ・カラニアナオレ)は1871年3月26日、カウアイ島に生まれる。カウアイ島最後の統治者カウムアリイ王の相続人で、ヒロの最高責任者クヒオ・カラニアナオレの孫、カウアイ島の最高責任者ジョナ・ピイコイのひい孫。ハワイ王朝7代目のカラカウア王妃(カピオラニ女王)のおい、後にカラカウア王夫妻の養子となる。王位継承者に指名されるも、1893年にハワイ王朝は廃止。リリウオカラニの王座復活を画策し逮捕され、1年間、政治犯として投獄される。その後1902年から50歳で亡くなる1922年まで、ハワイ準州のアメリカ下院議員を務める。「ハワイアン・ホームステッド法」(=ハワイアンの血が50%以上入ったハワイ州民に20万エーカーの公有地を無料分譲するハワイアン擁護の法令)の制定や、ハワイ立州法案の提出など多くの功績を残し、「庶民の王子」としてハワイの人々から親しまれたことで知られる。

 パレードは10時にサラトガ・ロードとカラカウア・アベニューの交差点を出発し、プリンス・クヒオの邸宅跡地であるクヒオ・ビーチ前を通り、カピオラニ公園に12時に到着予定。カピオラニ公園では当日10時~15時、プリンス・クヒオ・ホオオラウケア/ホイケイケが開催。ハワイの芸術品や工芸品などが展示され、ハワイアンフードのスタンドも出店。ハワイアンミュージックのエンターテインメントが予定される。

グローバルフォトニュース